ISD個性心理学でコミュニケーション力UP!

最近、人と人のコミュニケーションスキルを向上させるための「ISD個性心理学」を勉強する人が増えているそうです。
私も実は前々から気になっていたんですよねっ。
ISD個性心理学は昔(?)に大流行した「動物占い」のベースになった学問で、根本的には占いというよりはISD個性心理学をわかりやすくするために動物のキャラで表しているんだとか。
動物占いでは生年月日からその人の性格や能力を知ることができますが、ある種の統計学的検証なのかもしれませんね。
ちなみにISD個性心理学では赤ちゃんや子供への接し方についても効果的に使えるそうです。
言葉のわからない赤ちゃんにもISD個性心理学の考え方を利用すれば「個性を生かせる・伸ばせる」育児ができるんですね。
もちろん育児だけでなく、会社の研修やカウンセリング業界などでもISD個性心理学は注目されているそうです。
色んな書籍やネットでの情報、セミナーもあるようなので、私も参加してみたいと思います!
そしてISD個性心理学を究める(?)と講師になって育児アドバイザーや企業の人事コンサルタントなどにも活かせるられるそうです。
ようし、いっちょやってみるか!